2016/12/03

「だるま女」の都市伝説!怖すぎる某国での話

abcb9514b492611e419705e427876358_s.jpg

「だるま女」とは、女性の友人同士、あるいは若い夫婦が中国へと旅行に出かけた際、一人の女性が謎の失踪を遂げ、数年後に中国国内の見世物小屋において、両腕・両脚が切断された状態で発見されるという都市伝説のことである。この話には複数の派生型が存在しており、見世物小屋で発見された女性が、妊婦のようにお腹を膨らまし、明らかに精神に異常をきたしているかのような状態で発見されるものなど過激な内容のものが多い。その被害にあった女性の姿が、「だるま」に酷似していることから自然とこの呼び名がつけられ、現在では日本全国で広く知られるものとなった。

出典:http://occult.xxxblog.jp/archives/363668.html
※この話には一部に残虐な表現があります。苦手な方は閲覧をご遠慮下さい。

その仲良し夫婦は旅行が趣味で、よく外出を楽しんでいた。 そんな2人が某国でショッピングを楽しんでいた時、事件が起きた。 服を選んでいた妻が、いつの間にか店から忽然と姿を消したのだ。 妻はさっきまで更衣室で着替えていたはずだった。しかしいつまで待っても出てこない彼女は、まるで蒸発したかのようにいなくなった。夫はお店の人に事態を訴えるも、言葉が通じず泣き寝入りするしかない。 現地の警察に通報するも、結局妻の行方は不明のまま夫だけは帰国することとなってしまった

出典:https://恐怖の泉.com/kaidan/279wa.html

もう何度某国へ来ただろうか。今回は友人達も同行して入国した。 友人達は半ば諦めかけていた夫を元気づけようと、何か面白いものはないかと模索していた。 すると町の一角に、人だかりが出来ている。 「何かイベントでもやっているのかな?」 人混みの間からひょいと覗いた一行の目に飛び込んできたのは、見せ物小屋だった。 そこには、手足のない全裸の女性がいた。 その女性がひょこひょこと無表情で歩き回っているのを、多くの見物客が眺めていたのだ。 どういった経緯でその女性がそのような状態になったのかは、知る由もない。なんとなくこの状況が不愉快に感じた一行は 「そろそろ食事でも行こうか」 とその場を離れようとした。 しかし妻が行方不明となっている夫だけが、いつまでもその場を離れようとしない。 「おい、○○(夫の名)、もう行くぞ」 と声をかけると、夫はボソッと呟くように言葉を発した。


そんな馬鹿な…。 友人達は驚愕したが、確かに△△にそっくりだ。しかし彼女がこんな姿になっているとは、誰も信じることができなかった。 夫は、ただ茫然と立ち尽くしていた。 その後、その見せ物小屋と交渉した一行は手足のない女性を引取り、あらゆる手段で△△本人かどうかの照合を行った。 結果、その手足のない女性は△△であることが医学的にも証明された。 △△の身になにがあったのか、はっきりしたことはわからない。 ただ△△は生きてはいるものの、両手両足を切断され、声帯も失っていた。さらには、精神も既に崩壊しているような状態だった。 両手両足のない彼女の姿は、まるで「だるま」のようだった。

出典:https://恐怖の泉.com/kaidan/279wa.html

現在までに某国国内において、日本人の女性が両腕・両脚を切断され、見世物小屋に監禁されていたという事件が起きた公的な記録などは一切確認されていない。 しかし、この「だるま女」の都市伝説のもとになっているものと考えられる、ある中国の話が見つかっている。それは紀元前200年頃にあたる、中国の前漢の時代に書かれた歴史書「史記」に記載されている、「人豚」の逸話である。

出典:https://恐怖の泉.com/kaidan/279wa.html

ランキングに参加しています!よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
【厳選】さっぽろ雪まつりすすきの会場近い子連れに便利な人気ホテルまとめ
混浴できる貸切風呂がある北海道温泉宿5選
朝食バイキングがおいしいと評判のホテル5選