--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキングに参加しています!よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
【厳選】さっぽろ雪まつりすすきの会場近い子連れに便利な人気ホテルまとめ
混浴できる貸切風呂がある北海道温泉宿5選
朝食バイキングがおいしいと評判のホテル5選
2016/11/27

衝撃的な【北海道】の都市伝説ポットン便所の爆発事故とは?

北海道の都市伝説 実際に起きた?ボットン便所の爆発事故


ポットン便所
出典:http://maybesmile.blog33.fc2.com/

日本には古くから「ポットン便所」というものがあります。
今はきれいな家庭のおトイレも、戦後から昭和40年代後半頃までは、くみ取り式のポットン便所が日本では主流でした。

ぼっとん便所の仕組みは単純で、排泄物をそのまま下に貯め、後からバキュームカーがそれを回収に来るというもの。
そのまま、ポットンして下がまる見えなので、子供は特に恐怖を感じていたはずです。特に回収が遅れてたまってくると、がたんだん上昇してくるので、水面がとても近くなる。

バキュームカーと呼ばれる回収車を今かと待ち続けたもの。雪が多い地方では、冬場は特に回収が困難でした。
そんな雪国で起こったと言われている、痛ましい事故です。


やりすぎ都市伝説でタカトシのタカが語った都市伝説


近年では大分少なくなってきたが、地方では度々見られる「ボットン便所」 正式名称は「汲み取り式便所」だが、ボットン便所の方が馴染み深いだろう。 そんなボットン便所で実際に起きた、超怖い事故を紹介。 自宅がボットン便所の方は、絶対に知っておいたほうが良い。

出典:http://都市伝説まとめ.biz/

ポットン便所の爆発事故


それは真冬の北海道での出来事。
ある男性が、両親に彼女を紹介しようと、実家に訪れていた。
結婚の了承を得ようと、帰省したのである。 その男性の両親はどちらかと言えば「お堅い」人柄であり、
一筋縄ではいかないと2人とも緊張していたという。

しかし、予想に反して意外と快く受け入れてくれた両親。
そんな両親の態度にホッとしたのか、彼女は便意を催しトイレに。

ところが・・・
その直後、トイレから「ドカン!」という巨大な音が?

慌てた男性と、その両親が駆けつけると、なんとトイレが跡形もなく消えていたのだ。
すぐさま救急車を呼ぶも、彼女は即死であった。

原因について


その後、ある大学の「研究チーム」がこの事故の原因を解明したところ、驚愕の事実が判明したのだ。

冬場の北海道では雪が降り積もるため、ボットン便所の糞尿を回収するバキュームカーが、来れないのである。
そのため、普段よりも多くの糞尿が溜まっていた。

ご存知かもしれないが、糞尿というのは「メタンガス」を発生させる。
少量であれば、問題ないのだが、大量のメタンガスは爆発の危険があるのだ。
しかも冬場の北海道では、ほとんどの家屋が暖気のためドアを完全に締め切っており、非常に換気が悪いのである。
そのせいで、通常ではありえないような量のメタンガスが、トイレに充満していたのだ。

そして、極めつけは彼女が履いていた「毛糸のパンツ」である。
彼女がトイレをしようと、毛糸のパンツを下ろした瞬間に運悪く「静電気」が発生してしまったのだ。
それが着火剤となり、トイレが跡形もなくなるような「大爆発」を引き起こしたのである。

出典:http://都市伝説まとめ.biz/

まとめ


この事故は、全く他人事ではない。今はほとんど見かけなくなったポットン便所。知らない方がほとんどだと思うが、
自宅のトイレがもしボットン便所の方は、この事故を参考に本当に気をつけなければならないですね。
このような事故は海外でも発生例があるらしい。

【都市伝説】こちらもどうぞ


【都市伝説】ファンは閲覧注意!ディズニーランドに伝わる怖い話まとめ

衝撃的な【北海道】の都市伝説ポットン便所の爆発事故とは?

信じるかどうかはあなた次第です!【プーさんのハニーハント】の都市伝説

信じるかどうかはあなた次第です!タワーオブテラーにまつわる都市伝説

ディズニーランド秘密のレストラン「Club33」とは

ランキングに参加しています!よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
【厳選】さっぽろ雪まつりすすきの会場近い子連れに便利な人気ホテルまとめ
混浴できる貸切風呂がある北海道温泉宿5選
朝食バイキングがおいしいと評判のホテル5選
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。